機内での過ごし方について

2022年 7月 20日 水曜日

みなさんこんにちは!りっぴーです。

 

今年は観測史上最速の梅雨明けとなり、例年よりも早く暑い夏がやってきましたね!

今年はコロナによる行動制限も緩和され、夏休みの旅行に出かけられる方も多いのではないでしょうか。

旅行や出張など、仕事でもプライベートでも飛行機に乗る機会があると思いますが、みなさんは機内でどんな過ごし方をしていますか?

飛行機に乗る時、ゆっくりとくつろぎたいけれど機内の狭い座席ではなかなか眠ることもできないし、どんなことをして過ごそう…と、飛行機に乗る前から悩ましいですよね。

そこで今回は、機内での過ごし方について書いてみようと思います!

 

①機内エンターテイメントを楽しむ

機内モニターでは、映画はもちろんのこと航空会社オリジナルの動画コンテンツやゲーム、音楽、電子書籍などいろんなエンターテイメントを楽しむことができます!

新作映画までラインナップされていることもあるので、見たい映画があり過ぎて、時間が足りない‼なんてことになってしまうかもしれませんね

 

②機内誌を読む

機内誌は飛行機に乗らないと見れない雑誌なので、思わず手に取ってしまう人も多いのではないでしょうか?

きれいな写真や旅行先で役に立つお得な情報が満載なので、何気なく見始めても気づいたら時間を忘れて真剣に読んでしまうこともあります。

機内誌から、次の旅先探しをするのもおすすめです♪

 

③外の景色を見る

空の上から雲や地上を見下ろせるのは、飛行機に乗った時の特権!景色や雲の流れは変化し続けるので、いつまでも見ていられそうですよね。

座席によっては富士山が見下ろせたりと、通常では見られない景色がたくさん楽しめます!

では、機内からの景色を楽しみたいとき、どこの席がおすすめなのでしょうか。

飛行機の座席の場所によって、見える景色は少しずつ違ってきます。

みなさんが飛行機から見たい景色はどんな景色ですか?見たい景色によって席を選んでみるのも良いかもしれません。

 

中央の座席

中央の座席では、下の景色はよく見えませんが、翼と空がよく見えます。

翼は飛行機の動きに合わせていろいろな動きをしており、主翼が動く様子が観察できます。飛行機好きの方にはおススメです!

空の景色をバックに翼を写して、映え写真もゲットしましょう

 

後方の座席

1番景色がよく見えるのは後方座席です。

後方の座席は、揺れが大きかったり、エンジンの音がうるさいなどのデメリットもありますが、地上の写真を撮りたい方は後方の窓側がおススメです!

 

また、右と左どちら側の座席に座るかによっても景色が違ってきますよね。

東京(羽田)-大阪(伊丹)の路線では、天候に恵まれると右側に富士山、名古屋、奈良

左側に伊豆半島、志摩半島の景色が見えるようです。

私は夜のフライトで流れ星を見たこともあります☆彡

時間帯や季節、搭乗する路線によって空の色や景色が異なってくるので、飛行機は何度乗っても不思議な感覚でわくわくします!

日常では見られない景色とともにみなさんのお好きな過ごし方で、空の旅を楽しんでください

メディカルコミュニケーター
メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近の投稿

カテゴリー