おすすめ映画紹介♪

2024年 2月 20日 火曜日

みなさん、こんにちは。

 

私の趣味の一つは映画鑑賞です。これまで様々な映画を見てきたのですが、今回はその中でも特に印象に残っている映画をご紹介したいと思います。

 

「レナードの朝」という映画なのですが、ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?
ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズという2人の名優が出演している医療系の映画です。これだけでは内容が伝わらないので、あらすじをWikipediaから抜粋し、以下に記載させて頂きました。

 

【あらすじ】

1969年。ニューヨークの慢性神経病患者専門の病院で、とある医師が嗜眠性脳炎で眠り続けている患者レナードに新薬を投与する。そして、30年間昏睡状態だったレナードが、奇跡的に意識を回復。医師は、その治療を他の患者にも適用してめざましい効果をあげていく。



この新薬というのが、1960年代に開発されたパーキンソン病向けの薬であるL-ドーパです。

薬は劇的な効果をもたらし、レナードを含む患者たちの人生が動きだしました。みんな自由に歩きまわれるほど良くなり、普通の日常生活を送ることができるまでに回復します。

 

映画の原題はAwakenings(目覚め)です。
こちらは実話をもとに製作された映画でもあるのですが、現在でも使用されている薬剤の歴史や背景を知ることができ、現代の医学の発展はこのような努力の積み重ねでできているのだと考えさせられ、胸を打たれました。

 

しかし、すべての物事が円滑に進んだわけではなく、その後予想外だった副作用と効果の限界が現れてきます。映画のネタバレにもなってしまうので詳細は省きますが、葛藤する医師・患者の辛い心境や、医療が決して万能ではないことを痛感させられました。

 

後半は少し歯がゆい気持ちにもなってしまうのですが、ストーリー自体も面白く、とても心に残る映画なので、もし機会があったら見て頂けたらと思います。

 

それでは、ここまで目を通してくださりありがとうございました!

犬を飼うことの健康上のメリット

2024年 1月 20日 土曜日

みなさん、こんにちは。

年末年始はどのように過ごされましたでしょうか?

 

私は実家の犬と遊んだりゴロゴロしたり、モフモフにたっぷり癒されて家に帰ってきました。おかげさまで元気満タンです!

   

 

本日は、そんな「犬を飼うことの健康上のメリット」について少しお話させて頂こうかと思います。

 

犬の持つ癒し効果については近年の論文で、人と犬が見つめ合ったり、コミュニケーションをとることで、幸せホルモンの「オキシトシン」が分泌されることが分かっています。

 

施設や病院などでセラピードッグが活躍している話も耳にするようになり、沢山の癒しと幸せをくれる犬たち。

人間ばかりがこんなに得をして良いのかと思っておりましたが、実は犬たちも同様に、人間とのスキンシップでオキシトシンが分泌されているとのこと。

 

何というWin-Winな関係……。

 

私自身も実感として、犬のモフモフに包まれながら昼寝をした後の方が、ベッドで長時間寝た後よりも熟眠感が得られて、とてもスッキリした気分になります。

 

また、犬は毎日の散歩が欠かせませんので、日々の運動不足の解消や気分転換にも一役買っています。

 

ひとりでは億劫な運動も、可愛い犬と一緒なら毎日続けられるかもしれませんね。

読んで頂きありがとうございました!

あけましておめでとうございます

2024年 1月 1日 月曜日

  

旧年中は格別の御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年もナースチーム一同、更なるサービス向上を目指し専心努力してまいる所存でございます。

何卒、旧年中と変わらぬお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。
本年が皆さまにとって幸多き年となりますように心よりお祈り申し上げます。

 

令和6年 元旦

 

メディカルコミュニケーター
メディカルコミュニケーター

公式Facebook

検索

カレンダー

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

最近の投稿

カテゴリー